独断専行
ニュース、経済、スポーツについての独断的コラム。 過去に掲載されたコラムも徐々にアップしていきます。
プロフィール

鵜飼泰成

Author:鵜飼泰成
職業:雑文家と言う名の暇人
生息地:兵庫県

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ型社会が招いた悲劇
広島の小学1年生女児殺害事件の犯人が、三重県鈴鹿市で逮捕された。どうやらペルー人男性のようだ。絞りやすい遺留品などがあったとはいえ、警察の早期解決には敬意を表したいと思う。

1年前に起こった奈良県での小学1年生女児誘拐殺人事件もそうなのだが、今は登下校中という親や教師の目が届きにくい場所で、子供たちの安全をどう守るかが問題になっており、保護者やボランティアの方が付き添う集団下校や、住民と一体になってのパトロールなど、犯罪を見線に防ごうとする取り組みも全国で広がっている。

にも関わらず、このような事件が後を絶たないのは、現実問題として

「通学路すべてを巡回するのは難しい」

という事があるのだろう。

また、昔と違って住民同士のつながりが薄くなり、地域の監視力が弱ってきた事も防犯力低下の要因ではないだろうか。

警察や行政に頼りっきりになるのではなく、一人でも多くの大人が身内の問題と捉えて積極的に関わる事が、防犯活動を拡大させる事が重要である。
子供たちが安心して登下校できない社会は異常であり、危うい環境から子供たちを守ってやるのは、私たち大人の責務ではないかと思う。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト
安全神話は崩壊したのか?
本日、偽造建築の問題に対して参考人質疑が行われたわけだが、やはりというか原因究明には至らなかったようだ。
まあ今回はあくまで「参考人」という立場であるので、この結果も想定されたものではあったと思うが。

ただ誰が何を発言したという事も重要ではあるが、各参考人が責任転嫁で自己保身に走っているように見えるのは気のせいだろうか?

数値を偽造した姉歯氏は欠席という事であったが、実際上からの圧力があったとしても、数値を変更する必要はどこにもない。
またこういったケースを想定していなかった事も、チェックが緩んだ原因なのだろう。

暮らしの基本である「住」という部分を扱っているわけであるから、

「念には念をいれて」

という姿勢があっても良かったのではないかと。

人気blogランキングへ

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。