独断専行
ニュース、経済、スポーツについての独断的コラム。 過去に掲載されたコラムも徐々にアップしていきます。
プロフィール

鵜飼泰成

Author:鵜飼泰成
職業:雑文家と言う名の暇人
生息地:兵庫県

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子は親の背を見て育つ
福岡で子供を軟禁状態にしていた事件で、母親は「発達の遅れが恥ずかしかった」とコメントした。
確かに親として、子供が無事に社会生活へ適合できるか心配するのは理解できる。ただ障害を持っていてその可能性が高いのであれば、児童相談所などへ事前に相談するという手段もあったはずだが、それを放棄していた事はやはり問題があったのではないだろうか?

また行政側も実際9年間は義務教育なわけであり、もう少し踏み込んだ事ができなかったと思う。
虐待があろうとなかろうと、学校教育を受ける年齢である事は把握しているわけであり、月1回の家庭訪問だけで「できる限りの対応」というのは、さすがに甘すぎるだろう。

学校というものは、単に各教科の勉強さえすればいいのではなく、集団生活という形で社会のルールを学ぶ事も重要なわけであり、そういった経験によって子供は自我というものを育み、成長していくものである。
今回の事件はその家庭だけではなく、行政側もそれを放棄したとも取れる事件ではないだろうか。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース

平和ボケによる危機感の欠落
TBSと楽天が業務提携という形で合意。
古くはソフトバンクとテレビ朝日の騒動に始まり、ライブドアとフジテレビ。そして今回と、またもやネット企業と既存メディアの問題である。

アメリカでは早くから既存メディアが、インターネットとの提携や買収を積極的に行ってきたが、日本は独占状態だからか、その対策や戦略を怠ったために、買収・合併という動きが目立つようになってきたとも取れる。

株の売買そのものは、マーケットが存在する以上、何の問題もない。
確かに既存メディアが、ネットメディアに対しての認識や分析が甘かった事もあるだろう。

しかし経営統合となると親が変わる事であり、これに関しては事前に一言あるのが、社会のルールではないだろうか。

まあ今回の提携によって、よりよいコンテンツを作ってくれるなら、それに越した事はないのだが。

人気blogランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。